|ω・) 自慰的コレクション
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
自分であって自分ではない、だが自分である。
やはり集団性の他に、個に収束するという習性がなければ進捗はありえないと思う。
社会という集団の中の、企業という個同士が競争することで社会が発展する。
諸々の学派は生まれ、理論を競い合い、結合しながら新しい理論が生まれ、発見されてきた。国際社会の中の、国という個同士の競争、そうした競争の中で確実に成長して来たものがる。そうした共存と競争の精神のバランスによって人間の世界は進捗し、他の種との競争に勝ち、天災、病気、飢餓を乗り越え今日に続いてきたと考えられる。

人間の殆どのものが二極調和することで、初めて真の建設的方向に向かうと思う。
そしてそれは、人間の実質が、右脳、左脳という、それぞれ相反を生み出すものの中間上に在ることに関係があると思う。
[PR]
by MiraCalix | 2006-01-25 22:25 | 日記